香木【パロサント】火が付かない!すぐ消える⁉焚き方を伝授いたします!

お香の煙 解消の種

2022年1月13日放送の「夜会ハウス」に登場した佐野勇斗さん。

北村匠海さんから勧められて今はまっているという香木「パロサント」とは、いったいどんなものなんでしょうか?

おしゃれな人たちが、インテリアとして飾る方も多い一方、お香として使いたいのにうまく火が点かないという問題もあるようです。

まるまる
まるまる

そこでパロサントに4年前からドはまりしているまるまるが、簡単に香りを楽しむ方法をお伝えしたいと思います!


とげとげ
とげとげ

雑誌の『美的』2022年7月号(5月20日)でNEWSの加藤シゲアキさんも紹介!注目度が高まっています!


スポンサーリンク

パロサントとは?

パロサントとは中南米に生息する香木(こうぼく)です。

まず香木とは。

香木は、心地よい芳香を持つ木材のこと。沈香と白檀が有名である。

Wikipediaより 香木とは

Wikipediaさん、さすがに大変興味深い記述をありがとうございます。続きもぜひ読んでみてください。

そして、中南米に生息する樹木で「聖なる木」を意味する 「パロサント(Palo Santo)」は、いわゆる香木の一種です。

スポンサーリンク

パロサントの焚き方 よくある問題点

パロサントのパッケージ
スティックタイプ。近くのお店にありました!


ネットで「パロサント」と調べると、

✔火が付かない
✔火が消えない
✔つけ方
✔消える
✔焚き方
✔煙出ない
✔燃えない
✔燃焼時間
✔火災報知機


皆さんこのようなお悩みをお持ちのようです。

まるまる
まるまる

なんで火がつかないのかな?

とげとげ
とげとげ

パロサントはナチュラルインセンスなのです!


パロサントはナチュラルインセンス


一般的に「お香」というと、

三角コーンタイプのお香
三角形だったり

とか、こんな

線香
スティック状だったり


とか。このような形状がなじみ深いのではないでしょうか。

しかし今ちまたで人気のパロサントは原木そのまま、ナチュラルインセンスと呼ばれているものが販売されています。

とげとげ
とげとげ

ナチュラルインセンスは火や煙が安定しにくいんだよ~

まるまる
まるまる

なるほど。
きっと歴史の中で、煙が持続しやすく改良されたものがいわゆる「お香」と呼ばれているものなのね!




木に含まれる油分が多い方が燃えやすいのですが、なにせ天然のもの。燃えやすい、燃えにくいは個体差が生じてしまいます。

まるまる
まるまる

そのため、みなさん「火が着かない」「すぐ消える」ということが起こっているのね~



スティックにそのまま火を点けてみた場合

直接火を点けると・・・



直接火を点けてみたら、「ぼぼぼぼ・・・」と、かなり大きな火があがったので慌てて火を消しました。

あっという間に火はつきますが、やはり持続しません。

ある程度木がくすぶるまで火が点いた状態にすると、しっかり火種ができ煙が立つのかな?と思いますが「ぼぼぼぼ・・・」をこれ以上保つのは怖い!という感想です。

まるまる
まるまる

たとえうまく燃えたとしても、そこから出る煙の量を考えると火災報知機が感知してしまいそう!

とげとげ
とげとげ

取り扱いに気を遣っちゃうね・・・



そのまま火を着けるのはおすすめしない

現代人は鉛筆削ったこと、あるかしら・・・


結論から申し上げると「スティックに直接火を点ける」ということはお勧めしません。

まるまる
まるまる

これは危険を感じるのでやめた方が良いと判断!


まるまる
まるまる

普段まるまるが使用しているパロサントは細かいチップ状ですので、このスティック状のパロサントも小さく削ってみることに。


スティックは簡単にカッターで削れます。カッターの刃に気を付けて鉛筆のように削ってみましょう。


削ったチップも、そのままでは火が着かない



先ほど削ったチップに火を点けてみました。

「・・・・・・」

「ぼぼぼ」も何もなく燃えもしない。煙もでない。一瞬で燃え尽きる。

みなさんの悩みが身をもってわかりました!


スポンサーリンク

ナチュラルインセンスを楽しむ為のおすすめの焚き方

炭のタブレット


パロサントだけでなく、ホワイトセージやコパルを焚くときの参考にもしてください!

おすすめの焚き方① たっぷり香りを楽しみたい方は炭を使おう!


まるまるは普段、おがくずのようなタイプのパロサントを使っています。ですので直接火を点けることはできません。そこで愛用しているのがチャコールタブレット。炭を固めて錠剤にしたものです。

炭に着火して、そこへチップを置いて煙を出します

準備するもの

  • 陶器などの耐熱のお皿や香立て(できれば真鍮など金属タイプが◎)
  • ライターやチャッカマン
  • ピンセット(100均でも買えるよ!)
  • あれば木のトレイ
  • ジップ袋(タブレットの保存用)


✔火を点ける時は、エアコンなどの風に注意してくださいね。
香立て、香皿よりは香炉の方が風を気にせず安全にお試しできます。
しっかり注意をすれば、香立て、香皿でも大丈夫!

そして炭はかなりの高温になります。陶器のお皿は割れてしまう可能性もありますので、お気に入りの物を使用しないようこちらもご注意ください。

香皿の下にさらに木のトレイなどを敷いて、テーブルなどに熱が伝わらないように断熱できると完璧!(くれぐれも木のトレイにお香や炭を置かないでね)

✔ピンセットがあると、タブレットに火をつける時や、タブレットにパロサントを乗せる時に役立ちます。



\おすすめの香立てはこちら!/

ネット上になった部分にチャコールを置けるので、テーブルなどに直接熱が伝わりません。


チャコールタブレットは近くにアジアン雑貨屋さんがあれば、10個200円くらいで手に入ります。
ネットだと送料がネックかもしれませんが「市内で地下鉄で往復」でも400円~500円かかることもあります!
条件があえば、ネットでの購入が手軽でいいですね。


1㎝角くらいに割って



タブレットは1個そのまま使うと火力が強いので、まるまるは4分の1くらいに割って使用しています。
もっとうまく小さく割れるなら6分の1くらいでも!

このタブレットひとかけらで30分以上火種が持続します。

割るときは手が汚れないようにキッチンペーパーにくるむのがおすすめ。

まるまる
まるまる

ティッシュペーパーだと、割った勢いで破れるのよ…


使わない分はキッチンペーパーにくるんだままジップ袋に入れて保管をします。(湿気てしまわないように早めに使いましょう)

とげとげ
とげとげ

「くるんだまま」にするのは単に手が汚れないようにする為だぞ。
それ以外に意味はないのだ。



屋外で焚くなら煙も気にならないので、丸ごとでも大丈夫かと思います。

耐熱容器にタブレットを置き、ライターやチャッカマンで火を着けます。
置いたままで点火しにくい場合はピンセットでタブレットをつまんで点けても(くれぐれも手では持たないように!)

しばらく火をかざしていると数秒で炭が「パチパチ・・・」と音をたて、赤く火が付きます。(炎は上がりません!)

そこへ少量のパロサントを置いてみてください!

とげとげ
とげとげ

タブレットはかなり高温になるので、ピンセットでパロサントのかけらをつまんで乗せると良いぞ


まるまる
まるまる

削った一片で充分ですよ~


一片を…置く!このあと煙がでるよ~


煙が見やすいタイミングを試行錯誤したので上の写真の直後ではありません。



一片でしっかり煙が立ちました。一片が燃え尽きる時間は20秒くらいですが、しっかりと香りが楽しめます。

まるまる
まるまる

まるで薪をくべるようで楽しいんです~



タブレットがどれくらい持続するのか実験で時間を計っている間(30分くらい)、

燃えては煙が立ち、消える
燃えては煙が立ち、消える
燃えては煙が立ち、消える・・・

を繰り返していたら10畳の部屋がまあまあ燻された状態に。

まるまる
まるまる

目の前で実験していたので充分すぎるほど香りを楽しみました!



灰が飛ばないように気をつけつつ、換気もすると良いと思います。


✔炭のタブレットはなかなか燃え尽きません。

赤い火が見えなくなっても中でくすぶっている事があるので、決してゴミ箱にそのまま捨てないように注意しましょう!
✔水をかける場合も、一気にかけず、少量の水でじわじわ熱を消していきましょう!
一気にかけると、はじける恐れがあります!



おすすめの焚き方② 香りが混ざっても気にしない方に!超ずぼらな方法

まるまる
まるまる

こちらは究極にずぼらな方法です!ご了承ください!


準備するもの

  • 陶器などの耐熱のお皿や香立て
  • ライターやチャッカマン
  • ウッド系のお香


炭を割って、手が汚れないように気を付けて、火が強いから注意して…

そんなことやってられない!という方に、他のお香を火種として使うという裏技を伝授いたします。

まるまる
まるまる

パロサントのお香が用意出来ればそのまま楽しめば良いと思います!

でもせっかくだからナチュラルインセンスを楽しみたい!
でも手軽に楽しみたい!という方にお届けします!



例えば手に入りやすいウッド系の香りのお香

  • サンダルウッド(白檀)
  • フランキンセンス(乳香)
  • ユーカリ

混ざっても良いとは言っても、あまりにかけ離れた香りだとパロサントの良さが消えてしまいます。

「木の香り」であればそんなに違和感なくブレンドを楽しめるでしょう!

クセが少なくかぐわしいサンダルウッド、フランキンセンスあたりがおすすめ。
ユーカリは少しスーッと感が強めです。




まるまる
まるまる

オウロシカ香はインドのお香の中でもクオリティーの高いブランドです!



そして、お香に火をつけ、そこにパロサントをくべる!

以上!

まるまる
まるまる

この方法なら短時間で簡単にパロサントを楽しめます~



こんな感じで



スポンサーリンク

手間のかかるナチュラルインセンスの楽しみ方とは



ナチュラルインセンスは焚くのに少し手間がかかります。

でも例えば、

コーヒーを豆から淹れる

とか、

日本茶を急須で淹れる

というような感覚で、香りもさることながら、
こうしたゆたかな時間も楽しんでいただけたらと思います。

まるまる
まるまる

参考になれば幸いです!最後までお読みいただきありがとうございました


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代おひとりさまへ
にほんブログ村


コメント

タイトルとURLをコピーしました